top of page
検索

中国向け輸出水産食品の登録施設の皆様



中国に水産食品を輸出するためには、登録認定施設となる必要があります。

現在、登録施設となっている水産加工場に厚生労働省もしくは農林水産省から通知が出ております。


その通知で、登録を維持するにあたり、追加資料の提出が求められています。

・作業エリア図面

・施設内部の写真とそれらの素材に関する資料

・作業エリアの照明に関する写真と資料

・施設設備と温度管理施設の配置図(英語で作成)

・製造工程図(英語で作成)

・登録製品に関する資料(英語及びラテン語で記載)

・文書管理、内部監査、原料供給先管理、リコールのそれぞれの手順書

・食品防御計画書


これら追加資料を作成し、各地方厚生局に提出し、確認を受ける必要があります。さらに確認終了後に登録施設自らが中国サイドにWEBページ(シングルウィンドウ)に登録を進める必要があります。


追加資料を地方厚生局へ提出する締め切りが11月30日、シングルウィンドウに登録する締め切りが令和5年6月30日となっています。


詳細はこちらのQ&Aをご参照ください。


------------------------------------------

もし、何かご質問や解決したい問題などありましたら、直接メッセンジャーでお問い合わせください。

ご相談、ご質問をお待ちしています。

------------------------------------------


最新記事

すべて表示

【海外規制情報】出汁入りみそ、出汁入り醤油のEU規則の変更について

委任規則(EU)2022/2292により、EU向けに混合食品を輸出する際には、動物性加工済原料がEU 域内外の認定施設由来であること等を証明するために公的機関が発行する公的証明書(Official Certificate)又は事業者による自己宣誓書(Private Attestation)の添付が必要となります。 混合食品が以下の(1)又は(2)の条件に当てはまる場合は公的証明書、(3)の条件に当

輸出に係る添加物のセミナー開催のご案内(農林水産省)

現在、加工食品の輸出拡大を目指す中で、海外の食品添加物規制への対応が共通の輸出課題となっていることから、加工食品メーカー及び食品添加物メーカー/関係団体と一体となった課題解決体制の構築に資する取組を進めております。 今回は「第3回添加物対応セミナー」として、添加物の中でも特に乳化剤に焦点を当て、有識者による具体的課題や規制に関する解説、実際に対応を進めている加工食品メーカー様の事例紹介等を発信させ

Comentários


bottom of page